eスポーツの賭け方

eスポーツの賭け方

eスポーツの賭け方を知りたいですか?最近、ネット上のみならず、テレビでも特集が組まれるようになったeスポーツ。みなさんは、プレイしたり、誰かがプレイしているのを視聴したことはありますか?eスポーツという言葉自体は聞くようになったものの、まだまだeスポーツについてよく知らないという方も多いと思いますので、今回は、eスポーツとはどのようなものかはもちろんのこと、eスポーツの大会、eスポーツの賭けコツなどについて解説していきます。

1. eスポーツとは

eスポーツの賭け方についての知識をつける前に、まずはeスポーツについて理解しておく必要があります。eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツの略称で、ビデオゲームなどの電子機器を用いながら行われるスポーツ競技のことを指します。昔は、ビデオゲームというと、オフラインで友人と家のテレビで行うものでしたが、2000年代に入り、通信環境やハードウェアの性能が上がったことで、誰とでもネット上でゲームができるようになりました。近年は、コロナ禍でのロックダウンやステイホームが相まって、世界のeスポーツの競技人口が爆発的に増加しており、リーグ戦や世界大会なども開催されています。eスポーツの競技人口が増えると共に、eスポーツの賭けもブックメーカーで取り上げられるようになり、今では、eスポーツのベッティングも人気の賭け事の1つとなりつつあります。

近年は、その競技人口や影響力の大きさから、eスポーツをオリンピックの正式種目に加えようという声も上がってきています。実際に、2018年からは、オリンピックのアジア版と呼ばれる「アジアオリンピック」でeスポーツが正式種目として採用されました。もしも将来、オリンピック競技に加えられるようになれば、eスポーツの賭けも今まで以上に盛り上がることでしょう。普通のスポーツにベットしたい方も多くいると思いますので、ぜひボーナスコードが用意したスポーツの賭け方について読んでください。

2. 最も人気のeスポーツと、eスポーツの大会とは?

世界で最も影響力があり、不動の人気を誇るeスポーツは、「League of Legends」です。League of Legendsは、1億人が熱狂するオンライン対戦ゲームとも言われるゲームで、140体以上の中から5体の強力なチャンピオンを選んだ2つのチームが、それぞれ相手の本拠地を目指して激突するストラテジーゲームです。2012年には、世界で一番プレーヤーの多いPCゲームにも選ばれました。そんなゲームとあって、League of Legendsは、eスポーツの賭けにおいてもとても人気のゲームとなっています。eスポーツのジャンルとしては、MOBA系のゲームで、世界大会が行われるようになってから韓国が6勝、中国が2018年、2019年に連覇を達成するなど、アジアの国が強いeスポーツゲームとしても有名です。League of Legendは、世界リーグだけでなく、日本リーグも開催されています。

eスポーツの賭けをする上で知っておきたい人気のeスポーツ大会ですが、eスポーツが流行り出した初期に人気だったのが、韓国の企業によって2000年から始められ、2013年まで続いたWCG(World Cyber Games)というeスポーツ大会です。この大会では、初年度から20万ドルという金額が賞金として設定されており、大きな話題となりました。扱うゲームの種類やジャンルの豊富さからも人気の高い大会でしたが、現在多くのブックメーカーでeスポーツベッティングとしてよく取り上げられている人気のeスポーツ大会は、フランス企業である、ゲームズ・ソリューションが2003年にスタートさせた「Electronic Sports World Convention」という大会です。この大会では、各国予選を勝ち抜いてきた凄腕のプレーヤーが世界大会に集結するとあって、世界中のeスポーツプレーヤーが注目する大会となっています。ちなみに、日本で行われる「WSL Japan National Final」という大会で、eスポーツの日本代表が決められます。これらの注目の大会は、ブックメーカーからeスポーツの賭けとして、ベットできるようになっているので、チェックしてみてください。

日本eスポーツと言ったらPUBG(パブジー)と呼ばれている「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンド)」というゲームが挙げられます。ゲームの舞台は、無人島で、100人と戦いながら、最後の1人を目指すというゲームです。個人戦だけでなく、2人や4人でペアになって戦えるモードもあり、友達や家族と一緒に戦うことが可能です。武器などのアイテムは全て戦いの中で、生き抜くために自分で調達しなければいけないため、サバイバル感も味わえるゲームとなっています。

3. eスポーツに賭ける方法

上記では、eスポーツの歴史や、人気の大会やゲームなど、eスポーツそのものについてご紹介してきましたが、ここでは、eスポーツベッティングについて、実際にeスポーツに賭けるにはどうすれば良いか、その方法をご紹介していきます。

eスポーツ賭けに欠かせないのが、ブックメーカーです。eスポーツ ブックメーカーとして、ボーナスコードがお勧めするのは、Bet365、William Hill、 Pinnacleの3つです。やり方ですが、まず、それぞれのブックメーカーの公式サイトのトップページにある「登録」ボタンから必要な情報を入力してアカウントを作成します。アカウントの作成が完了したら、アカウントにログインし、トップページの入金というボタンから、入金額と決済方法を選択し、残高にお金をチャージします。次に、スポーツのセクションから、esportというタブを選択し、賭けたいゲームや試合プレーヤーなどにベットするという流れです。スマホンでeスポーツにベッティイングしたり、ライブ中継を見たりしたい方はBet365のモバイルアプリケーションを試してください。

eスポーツに賭けてみよう!

Bet365
Bet365
ボーナス スポーツ
スポーツボーナス
Bonus code
BCODE
William Hill
William Hill
ボーナス スポーツ
100%最大$100ウェルカムボーナス
プロモコード
BETEXVIP
Pinnacle
Pinnacle
ボーナス スポーツ
最高のスポーツベッティングオッズ
VIPコード
BCVIP

続いて、eスポーツの賭けの種類についてご紹介します。eスポーツの賭けでは、主にゲームの勝敗を予想するベッティングがメインとなります。ブックメーカーのサイトでは、リーグ名の横にチーム名とそれぞれのオッズが並べられており、どちらのチームが勝つのかをベットしていくものです。上記のベッティングはとてもシンプルで、王道なものですが、他のeスポーツの賭けの種類としては、両チームの合計得点や合計ゲーム数が基準とされている数より多いか、少ないかを予想するオーバー/アンダーベットや、賭けたオッズに加えられているハンデの数値を、試合終了時のスコアに足し引きして、最終的な結果を判定するハンディキャップオッズへのベット、また大きな大会ともなれば、優勝予想やMVP予想、ファイナリスト予想なども存在します。

eスポーツ賭けのガイドとしては、eスポーツの大会では、決勝付近になるまでは、優勝候補同士が対戦するようになることはあまりないので、基本的に強いとされるチームに賭けることです。優勝候補チームと対戦するのは、明らかに格下と言えるチームですので、カジノなどのギャンブルとは異なり、オッズは低くなるものの、予想がとてもしやすい種目といえます。ボーナスコードでは主にブックメーカーでのベッティングを紹介していますが、ただ遊びとしてベッティングをしてみたい方は、NBA賭けコンテストをご覧下さい。eスポーツの賭け方を参考に、皆さんも今すぐeスポーツのベッティングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント Eスポーツの賭け方
コメント (0)
責任を持ってプレイ