お勧めのブックメーカー

お勧めのブックメーカー

お勧めのブックメーカーをお探しですか。いまだにサッカーで賭けをしているというと「totoやってるの?」と言われることがあります。もちろんtotoはサッカーくじなのですが、世界基準で「サッカーで賭けをする」と言ったらブックメーカーを想像することでしょう。ブックメーカーとはスポーツベッティングを提供するサイトを指します。全て海外のサイトが運営しているため「難しそう」という言葉を聞くことが多いのですが、はっきり言って株やFXより単純明快です。ここではブックメーカーがどういうものか、お勧めのブックメーカー、ブックメーカーでの賭け方について紹介していきたいと思います。

1. ブックメーカーとは

ブックメーカーとはスポーツベッティング等を運営しているサイトを指します。「等」と言ったのは必ずしもスポーツという訳ではないからです。サッカーやバスケット、テニスなどがブックメーカーの核となっているスポーツですが、選挙やeスポーツなどもブックメーカーで取り上げられています。

実はブックメーカーで為替が取り扱われている事もあり、普通のFXと違い「5分後に円安になるか」といったような賭けが出来るサイトもあります。ブックメーカーでは非常に多くのベッティングを扱っていて、さらにゲームごとのバリエーションも非常に多く存在します。

一番わかりやすい例でいうとサッカーワールドカップでどのチームが優勝するかという賭け方です。もちろん試合ごとでも賭けることが出来ます。そして「誰が得点をするか」「両チームの合計得点は何点か」なんて言う賭け方があります。自分が「これだ」と思ったものに賭け、見事それが当たれば稼げるわけです。

実は非常にたくさんの日本のスポーツもベッティング対象になっています。Jリーグはもちろんのこと女子のゲームや相撲まで賭けることが出来るのです。日本のスポーツを力いているなら1XBETをあげたいです。1XBETは日本相撲に賭けできるブックメーカーなので登録したい場合、ぜひ1XBETのボーナスコードについてしらべましょう。

2. お勧めのブックメーカー日本

次に実際にあるお勧めのブックメーカーについて紹介したいと思います。数多くのブックメーカーがある中お勧めしたいのがWilliam hill、1xBET、Bet365、Pinnacle sportsです。この4つは大手で非常にクリーンに賭けることが出来ます。またボーナス(プロモーションコードを登録に入力することでもらえます)があるのでそのコードを紹介します。

ヴランド名 ボーナスコード
William Hill BETEXVIP
Bet365 BCODE
1XBET BCVIP
Pinnacle BCVIP

ちなみにベット365のボーナスの詳細について興味ある場合ぜひベット365のプロモーションコードを調べましょう。

3. ブックメーカーのかけ方

では実際にブックメーカーでの賭け方について紹介します。これはwilliam hillで行われている実際のベッティングの画面です。

トップ画面を下にスクロールしていくと上記のようなオッズが出てきます。(実際にはもっとたくさん出てきま)この画面の味方ですが、この時の時間帯はサッカーが44試合、テニスが12試合、バスケットボールが11試合行われています。そしてこの画面はロシアファーストディビジョンの4試合に焦点を当てました。

トップ画面はこのように勝ち、引き分け、負けを賭けることが出来ます。そして右側を見ると「更に」という文字があります。これをクリックしてみましょう。

上から二試合目のさらにをクリックしました。このように試合のスタッツを見ることが出来ます。これを参考に賭けるといいでしょう。私の場合は元々のオッズ、シュート数、コーナーキック、ボール支配率を参考に賭けをしています。まだまだ下に賭け方が続いていきますが、はっきり言ってバリエーションが豊富すぎます。もちろんWilliamHillに登録する前にかならずWilliam Hillのボーナスコードのレビューをご覧ください。

自分がこれだと思う賭け方を見つけることが出来ます。スコアをばっちり充てる大穴狙いや、スコアレスドローはないといった手堅い賭け方など自由に選ぶことが出来るのです。

金曜、土曜は特にゲームが多く行われています。一度に数百試合規模の単位でギャンブルが行われているので、選びたい放題です。自分のかけ方を確立させていくことをお勧めします。

私の場合は手堅い試合に賭ける傾向があるのですが、中でも強いチームが苦戦して前半0-0や1-1で折り返す時を見計らって賭けをしています。例えばですが、強いチームと弱いチームが対戦する際

ホームの勝ち 1.20倍
引き分け   6.8倍
アウェイの勝ち 15倍

なんて言うのがあるとします。前半終わって引き分けの場合

ホームの勝ちは1.2倍から1.5倍程度にはねあがります。そういう時を見計らって賭けをするようにしています。これは考え方の問題ですが、前半引き分けた場合オッズは上がりますが、勝つ確率は試合前と比べ変わっていないと思っているためです。

まためったにないシチュエーションですが、強いチームが2点ビアインドで負けているなんて言う展開はねらい目です。その時は「両チームが得点する」に賭けています。強いチームには意地があるし、弱いとされているチームも2点のリードを保つことは難しいと思っているからです。そういった自分なりの勝ちパターンを作っていくと今回紹介したお勧めのブックメーカー で賭けるのが面白くなりますよ!

コメント お勧めのブックメーカー
コメント (0)
責任を持ってプレイ