プロ野球スピリッツ

筆者:ボーナスコード by ボーナスコード
プロ野球スピリッツ

日本で人気のスポーツゲームと言ったら真っ先にサッカーか野球が挙げられるのではないでしょうか。そしてサッカーは「FIFA」もしくは「ウイニングイレブン」、野球は「プロ野球スピリッツ」を挙げる人が少なくないと思います。プロ野球スピリッツは前身である「実況パワフルプロ野球」を含めると26年の歳月を経ています。シリーズの累計売上も2260万本と超人気作品。ここではモンスターゲームと言っても過言ではないプロ野球スピリッツの最新作「プロ野球スピリッツ」について紹介します。

1. 芸が細かいプロ野球スピリッツ

前作のプロ野球スピリッツAから4年の歳月を経て発売されたプロ野球スピリッツ。プレイステーション4で初のプロスピという事もあり期待の高さは計り知れません。このゲームは2019年の7月18日に発売されたわけですが、すでに2019年の選手の動きやパフォーマンスを感じることができます

ここまでできるのにはスタッフの取材力なしでは語れません。実際撮影部隊が12球団のキャンプに行き撮影協力をしてもらっているという熱の入れようです。もちろん動きだけでなく、選手の率直な意見などを制作に活かしているのでよりリアリティーが反映されています。

シリーズのDNAを受け継いでいるためこれまでプロスピ、パワプロをプレイしたことがある人が楽しめることはもちろんのこと、「入門モード」もあるので未経験者でも楽しめること間違いなしです。

そして今作では「高校野球」にも力を入れています。「甲子園スピリッツ」モードがあり、リアルな高校野球が1つのコンテンツとして存在しているのです。甲子園ファンにとってたまらない作品となるでしょう。

2. 球団運営能力も試される

今作の特徴の一つとして選手やスタッフと年俸契約するシステムが導入されるようになりました。これにより複数年契約を結んだり、逆に海外志向が高い選手との複数年契約が出来なかったりと球団運営を身近に感じることができるのです。

オフシーズンのシステムの変更点もあります。前作まではターン製でしたが、契約更改、ドラフト会議、FA交渉などイベントが付きません。選手の出身地に近い球団であればFA交渉を有利に進められる確率が高まるといった細かい点への気配りもこのゲームの特徴の一つでしょう。

3. 映像がとにかく奇麗

最後にプロスピの特筆すべき点を紹介します。それは「映像がとにかく奇麗」という事です。ぼーっとしていたらテレビを見ているのかゲームをしているのか分からなくなるような感覚に捉えられる人は少なからずいると思います。新型コロナウイルスの影響でプロ野球が行われていませんが、プロスピをやれば臨場感あふれる野球を楽しむことができます。ネット環境さえあれば2019から2020版にアップデート可能なので、古くなって面白みが無くなったという事も避けることができます。

そして、オンラインでの対戦も可能ですので、やりこんで対戦したら一時的にでもプロ野球の開幕延期がまぎれるかもしれませんよ!

コメント (0)
責任を持ってプレイ